軽自動車の保険相場|一括見積もりの全体の流れ

軽自動車 保険 相場

自動車保険の自由化によって選択できる保険商品が増え、幅広い選択ができるようになりました。

その分、納得できる保険選びの比較・検討も大変になりますが、ネットの自動車保険一括見積もりが大変便利です。


軽自動車の保険は、同じ補償内容でも

「免許証の色」、「走行距離」、「事故歴」、「通勤・通学などの使用用途」、「ドライバー年齢」、「ドライバーの範囲(複数の場合)」、「エアバックの有無」、「改造の有無」など、

使用目的や加入者の要素によって年間保険料が大きく変わります。


多くの保険会社から一つ一つ個別に見積りを取り寄せるのは、大変な手間と時間がかかりますが、それを一挙に行ってくれるのが自動車保険一括見積もりです。


一括見積もりなら、見積もり条件を一度入力するだけで各社の見積もりを同じ加入条件や補償内容で比較することができ、自分が求める保険を選ぶにはどこが最も安いのかなどを短時間に知ることができます。

各社の見積もりの内容や割引などを比べてみれば、各社によるリスクの区分の考え方や特約の考え方など、各社の自動車保険の特色を知ることができます。


軽自動車 保険 相場|保険の比較には一括見積もりが最適


<一括見積もり利用の流れ>

◎事前に手もとに用意するもの
現在加入の保険証券、車検証、免許証

◎入力項目は大体次のようになります。

@初度登録年月 、メーカー名、車名、型式、保険加入状況、所有者、主たる使用目的

A予想年間走行距離、主たる運転地域、エアバック、改造の有無、陸運支局

B現契約のノンフリート等級、現在の補償内容、原契約の満期日、現契約の保険会社

C現契約保険金請求事故回数、契約者の基本情報(住所、氏名、年齢など)

D運転免許情報(取得年月日、免許証の色、免許停止経歴など)

※項目が多いように見えますが、実際には最短で5分程度、長くても15分くらいで入力が完了です。
前もって、車両保険つけるのかどうか、特約はどうするかなど、あなたの求める補償内容について方針を決めておいた方がいいでしょう。

◎メールあるいは郵送で見積もりが届きます。く

入力を確認し申込を完了すれば、メールの場合は1日程度、郵送の場合は2日程度で見積もりが届きます。
一覧で全体を横並びで比較し、絞り込みを行ってから詳細な比較・検討を行えばいいでしょう。


軽自動車の保険相場 一括見積もり利用のポイント


一括見積もりサービスを利用する場合には、事前に免許証、現在の保険証券、車検証を手元に用意しておくのが良いです。

入力に必要な項目について事前に眼を通し、必要であればメモをしておけば円滑に入力を進めることができるでしょう。

そして、ここが大切な点は、車両保険をどうするのか、付けるとすればそのタイプは何を選ぶのか、特約はどうするのかなど、必要な補償内容を事前に決めておくことです。

予算などで折り合いがつかなければ、そこから調整をしていけばいいでしょう。


一括見積もりサービスは次のサイトが人気で、すべて無料で利用することができます。

インズウェブ...最大20社の一括請求が可能

保険スクエアbang!...最大15社の一括請求が可能

イオン保険マーケット...最大18社の一括請求が可能

管理者の体験では、保険スクエアbang!がユーザーーフレンドリーで比較的使いやすかったという印象がありますが、でもそれはたいした差ではありません。


軽自動車 保険 相場|等級の引継ぎは心配ない

軽自動車の保険の見直しを行い保険会社を乗り換えるても、軽自動車の保険の等級は心配なく引き継がれます。

保険会社が変更になっても新規加入時の6等級に逆戻りしてしまう心配はありません。


自動車保険の等級制度(ノンフリート等級制度)は、すべての損保会社が統一的に取り扱うことになっており、一人一人の保険証券の契約番号は保険会社同士で共通のデータとして共有されています。

会社を乗り換えても等級が引き継がれるからこそ、各保険会社は自社の軽自動車の保険への切り替えを勧めたり宣伝したりすることができるわけです。

等級が引き継がれないとしたら、等級の高い人などにいくら切り替えを進めても意味が無いですよね。

軽自動車の保険の見直しで等級の心配はしなくても良いということです。


◆軽自動車の保険相場を一括見積もりでよく知ろう

一括見積もりは一度の入力で複数の保険会社の見積もりを依頼することができます。

メールや郵送で届く見積りはパソコン画面の一覧で比較することができ、各社の違いが一目で分ります。

各社の自動車保険を自分の加入条件で比較することにより相場が分り、最適、最安の保険が見つかります。

軽自動車の保険相場は普通車よりだいぶ安いという印象があるかも知れませんが、条件や保険会社によっては、むしろ普通車より高くなることもあり得ます。

「軽は保険料が安いからどこでもあまり変わらないんじゃないか」と思うことが、保険料払い過ぎの原因になるかもしれません。

実際に一括見積もりで比較してみると各社の保険料の違いの大きさに驚くと思います。

加入条件が同じでも保険会社によっては年間保険料が2倍くらい違ってしまうこともあります。

軽自動車とはいえ、その保険料の違いを無視することはできません。

軽自動車の保険も、相場をよく知れば保険料を大きく節約できるのです。

新規加入時、保険更新時には、ぜひ1度自動車保険の見積り比較をしてみることをお勧めします。


◆維持費が魅力の軽自動車こそ一括見積もりを

軽自動車の保険相場を知るには【無料】一括見積もりサービスが欠かせません。

毎年更新の時期が来れば一括見積もりサービスで、保険料が一番安いところを確認し、見直しや乗換を行なう人も増えているようです。

自動車保険一括見積もりの大きいメリットの一つは、手元に届く見積り資料によって各社の保険料、補償内容、サービス内容などをマイペースでじっくり比較・検討することができることでしょう。

軽自動車の保険選びの大変心強い味方になってくれます。

自動車保険は、年齢、居住地域、車種、クルマの使用目的、年間走行距離、運転免許の色、安全装置の有無など、一人一人の加入条件によって違ってきます。

また、各保険会社によって顧客ターゲットが異なり、ゴールド免許であっても割引をする所もあればと割引がないところもあるというように、割引やリスク細分の内容も会社によって様々です。

自分にピッタリの保険を見つけるためには、同じ加入条件で各社から見積もりを取り寄せて比べてみるしか後悔を避ける方法はないのです。

でも、1社か2社ならまだしも、数多くの保険会社から見積もりを取るためには、膨大な時間と労力を要することになります。


Copyright © 軽自動車の保険相場 一括見積もりの使い方 All Rights Reserved.